当ブログ使用テーマ「SWELL」はこちらから タップ

【痔の闘病記】30歳で痔核(いぼ痔)の手術をした体験談③〜入院開始!内視鏡検査初体験〜

スポンサードリンク


それは誰にでも起こり得る身近な肛門の病気です。

こんにちは、
Uta(@Uta99astroboy)です。

本記事(シリーズ)は、痔核(いぼ痔)の発症から切除、退院後の生活までを綴ったものです。

痔を患っている人にとっての不安や悩み、生活習慣の改善に役立てば幸いです。

本記事の要約

・入院前からの戦い
・ついに入院当日!
・点滴生活、始まる
・内視鏡検査初体験

次の記事が読みたい方はこちらから。

【痔の闘病記】30歳で痔核(いぼ痔)の手術をした体験談④〜ついに手術!意識がある中でやるの!?〜(執筆中)

痔は日本人の3人に1人は発症すると言われているお尻の病気です。

ひどくなる前に薬で治したり、手術をすることで痔はリセットされます

Uta

自分の場合は痔核がひどく進行していたから、手術をケツ意したよ🍑

目次

入院前からの戦いは始まっていた

お医者さん

Utaさんは手術前に内視鏡検査をするので、入院前日の夜から絶食してくださいね。

食欲旺盛なUtaにとって、手術前から戦いは始まっていたのだ。

入院した病院では、痔の手術をする時はセットで内視鏡検査をするようで、検査時は前日の夜から食事をしてはいけません。

Uta

健康診断みたいだね。

水分はとっても良いのですが、お水のみとのことでした。

家の中には誘惑がたくさん。

プロテインにナッツに鶏肉に卵…
おまけにオートミールまで!

mei

なに健康志向なのをアピールしてるの!

Uta

バレた?ちょっと言ってみたかっただけだよ。

そんな誘惑に負けそうになりながらも必死に(?)耐えてなんとか乗り切りました。

ついに入院当日!いよいよ激闘の日々が始まる

mei

忘れ物無い?

Uta

うん!ちゃんと全部確認したよ!

ママと子供とのやりとりみたいなことを終え、大きな荷物を抱えて病院へと向かうのでした。

この時期はコロナ禍、緊急事態宣言発令中。
付き添いなNGとのことで、一人で病院まで行かなければなりませんでした。

Uta

家族に会えないのは寂しいな…

入院グッズをばっちり準備した荷物は重たく、結構な労力でした。

入院時にあると便利な持ち物については、以下の記事でまとめる予定です。

【痔の闘病記】痔核(いぼ痔)の手術「番外編」〜入院時の持ち物を公開!これで充実した入院生活を〜(執筆中)

病院に到着し、手続きを済ませるとすぐに病室に案内されました。

ナースさん

テレビの使い方は〜。
消灯は〜。
手術日は〜。
それでは、点滴をつなげますね。

部屋の使い方の説明を受けた後、すぐに点滴をつなげることになりました。

点滴生活開始!

病院での洋服に着替えたのち、あっという間に点滴をつなげられました。

Uta

すっかり患者さんだな。

点滴は術後2日間までつなげっぱなしです。

トータル4日間の点滴生活が始まりました。

この「テンテキチューブ君」との戦いが今、始まったのでした。

Uta

ネーミングセンスの無さ…
人間性が出ちゃうね。

チューブがとっても邪魔

点滴をつなげられても体は至って健康なので、病室でテレビを見たり携帯をいじったりしていました。

リモコンを取るにしても携帯を充電しようとしても、とにかく点滴のチューブが邪魔になります。

下手に動かすと抜けそうだし、血管にも響くから少しの動作にも慎重になってしまいます。

Uta

この点滴、早く終わらないかな…

点滴で空腹ではなくなるのは良いのですが、何をするにもこの点滴が阻んできます。

下手に動いたら抜けそうだし、慎重に動きすぎてもイライラする。

点滴チューブ君は地味に嫌がらせをしてくるのでした。

下剤との戦いが、今始まる。

ここから💩君が話の中に登場しますので、悪しからず。

点滴のチューブ君との戦いに四苦八苦している中、次の使者が訪れます。

それは、「下剤君」です。

ナースさん

Utaさん、これから内視鏡検査の説明をしますね。

Uta

よろしくお願いします。

〜中略〜

ナースさん

では、下剤とお水を置いておきますね。
コップ1杯につき、10〜15分で飲み終えるようにしてください。

内視鏡検査の説明を受け、大量の下剤君をもらいました。

Uta

結構な量だな💦

それと同時に、排便があった時のチェックシートももらいました。

初めは飲んでも全然何事もありませんでした。
しかし、変化は突如として起こります…

Uta

お、お腹が痛い…

コップ2杯目にして便意をもよおしました。
急にトイレに行きたくなり、トイレに駆け込みました。

Uta

下剤君、恐るべし…

下剤なんて飲んだことないUtaにとっては、違和感しかありませんでした。

ひとまず腹痛が治まり、また下剤を飲むとすぐにトイレに行きたくなりました。

これを繰り返すこと数回…

気づいたら、💩君が固形から水のごとくサラサラになりました。

Uta

🍑から水が出てくるなんて、すごい!

なんて事を考えてると、ナースさんに💩君を確認されました。

ナースさん

もう透明の💩になりましたね。
下剤は飲まなくて大丈夫ですよ。

Uta

分かりました。
下剤ってこんなに効果があるんですね。

ナースさん

下剤が効きにくい人はもっとたくさん飲むこともありますよ。
内視鏡検査は3時間後になります。
これからは水分も摂らないでくださいね。

人生初の内視鏡検査

その時は突如と訪れました。

ナースさん

Utaさん、これから内視鏡検査です。
ストレッチャーで部屋を移動しますね。

内視鏡検査の部屋に移動すると、点滴をナースさんに取ってもらい、その流れで鎮静剤を打たれました。

この鎮静剤は眠るものではありません。

つまり、意識がある中での内視鏡検査になりました。

ナースさん

これから検査を始めますね。
ふーっと息を吐いて肛門を楽にしてくださいね。

息を吐き力を抜くと、カメラが腸にどんどん入ってきました。

Uta

お尻や腸がもぞもぞするけど痛くはない…
不思議な感じだな…

お尻から細い管を入れられ、腸内を隅々まで見てもらいます。

お尻に異物を入れる圧迫感はあり、少し不快でしたが、我慢できないほどでもありません。

変な感覚は絶えず続きますが、特に痛みはありませんでした。

Uta

胃カメラよりも楽だな。
痛みもないし、全然我慢できるレベルだ…

そうこうしていると、内視鏡検査が終わりました。

お医者さん

お疲れ様でした。
まだ鎮静剤が効いているので、このままストレッチャーでお部屋まで戻ってもらいます。
部屋に戻ったら起きないで過ごしてくださいね。

鎮静剤が効いているのか、部屋に戻っても下半身に違和感が残ってました。

内視鏡検査後の生活

ナースさん

今日は体を起こさないでくださいね。
トイレに行きたくなったら、尿瓶にしてください。

内視鏡検査を終えると、翌朝までは動いてはいけないとのことでした。

水分は取ってもいいけど、あまり起き上がらずストローで飲むことを勧められました。

トイレにも行けないので人生初の尿瓶を使う事になりました。

Uta

まだ初日なのに初めて尽くしだな。

内視鏡検査をした後は、下半身が麻痺しています。

尿が自力で出る人はいいのですが、出ない時は導尿をしなければならないとのことでした。

Uta

とりあえず今日は無理しないで過ごそう。

入院初日の夜は、普段使っている枕やベッドではないので、あまり眠れませんでした。

おまけに地味に点滴君が眠りを妨げてきます。

寝返りをうとうとすると引っ張られる感覚。

嫌でも目が覚めてしまいます。

Uta

点滴め…
邪魔すぎるぞ!怒

内視鏡検査後の夜は、はっきり言って不快な夜でなかなか眠れませんでした。

Uta

こんな日が後1週間も続くのか…

まだ手術もしていないのに、入院初日からグロッキー状態です。

果たしてUtaは入院生活を無事に過ごすことができたのでしょうか。

痔(次)回予告

痔回は、ついに痔の手術回です!

これまでUtaを苦しめてきた痔核君とおさらばする時がやってきます。

手術は?
痛い?
術前と術後の心境は?

全部余すところなく書いていきます。

お楽しみに!

↓クリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる